ママこそ冒険にでよう!

元教員・三姉妹のママカウンセラー 

夫婦関係を改善する方法 ~自分がしてほしいことをしてあげる~

夫婦関係を改善する方法 ~自分がしてほしいことをしてあげる~

 

カウンセラー(仮)のサニーです。カウンセラーを目指して修行中なのですが,心理カウンセラー根本師匠からの教えを乞うたびに,自分と向き合う機会となっております。

 

すると…なぜか「ついてるなぁ~♪」と思うことがおきるようになりました。そのまた逆で,マイナスの感情が,ぐわっと湧き出ることがおきたりもするのですが…これはまた次回。

 

今日は,師匠の言うことはまんざらでもないなという,いい方のお話を♪

 

師匠が…

 

夫婦の関係性を改善をするときに「してほしいいことをしてあげる」自分がしてほしいことを相手にあたえなさい。

 

夫婦関係の改善において,メジャーな方法なようです。

 

その話を聞いてから,ぼーっと『私が夫にしてほしいことってなんだろう?』と考え始めました。

 

私は夫婦関係が良くなるために,結構つくしてきたぞ~!という思いがまず出てきました。夫が嫌かなぁと思ってやめたこと↓↓

 

例えば…今日あった私の一日をしゃべりまくる。(ワイドショーネタ含め)

結婚当初は,私のこと知りたいでしょ?とベラベラしゃべってました。っら,どうも,男性は全く興味がないことをネット情報で知るわけです。よしっ!改善のためにやめよう。(話したいけど…)

 

例えば,その2…「いつ帰ってくる?」「子どものお風呂の時間なのに,まだ?」「今週末は,仕事ないよね?ね?ね?」と彼の行動を把握しようと必死でした。っら,どうも,この拘束する感じも男性は嫌らしい…とネット情報で知るわけです。よしっ!やめやめ。(子どものこと一人でするのは大変だから手伝ってほしいけど…)

 

と,ここまで考えて…

うん?これって,私が(想像で)彼は望まないだろうから,我慢してやめた。だけで,私のしてほしいことを与えていたわけでは…ない!と気が付きます。

 

えーーー??待って,待って…

 

私が彼からしてほしいこと???なになに??なんだろう♪♪

 

セミナーから帰ったあと,「おかえり~どうだった?」程度,尋ねてほしいなぁ。けっこう,外から帰ってくると,セミナーの余韻があって興奮してるしなぁ~』

 

あら?

 

夫が帰ってきたとき…私…「ちっ。今,やっとご飯食べさせて,お風呂にも入れて…やっと,やっと…寝かせようかなぁってときに。あーあたしの努力がーーだいなし。」彼に背中を向けて,顔も見ず,「おかえり」って言ってたな…

 

他にしてほしいことは??

 

あっ!なんか,私の才能とか教えてほしい!「これは,サニーにしかできないね!」とか「これ,サニーのいいところだね!」とか,言ってもらいたい!!

 

な~んて,考えながら,家に帰ると…

 

えっ?優しい…♡♡♡夫から優しさを感じるオーラ。

げぇーーー!『私のしてほしいこと』を考えてただけなのに…,もう変化!!

 

すごいなっっ!師匠。

 

自分とつながる。自分をみるめる。自分と向き合う。ということにつながったのかぁ。

 

みなさん,よい一日を。サニーでした♪

 

できない自分を責めている犯人は…「えっ?」自分自身だった。〜3日目デモセッションの衝撃〜 2/2

できないできない自分を責めている犯人は…「えっ?」自分自身だった。〜3日目デモセッションの衝撃〜 2/2

 

カウンセラー(仮)のサニーです。

 

100点満点を目指すも,70点しか取れない。

仕事に対して,「向上心があって」「仕事への情熱があって」「完璧主義」

 

あれれ?わたし,完璧主義だったのか??

って,ことは??

 

「自己否定」していたわけですね…

 

なんか,過去のわたしがかわいそうになってきました。あんなに頑張っていたのに,『まだ,ダメ!全然ダメ!!どんだけ,できひんねん!!才能ないで!!』と…自分で自分を責めていたなんて…

 

過去のわたし…かわいそすぎる(泣)チーン。

 

カウンセラー根本師匠によりますと…

100点の定義を間違っている。100点とは変動するもの。1年前の100点と今の100点は違う。100点は常に揺れ動いている。自分の体調とかプライベートの予定とか,季節とか。例えば,プライベートの予定が忙しくなると,100点への難易度が上がっている。体調,気候,時間とか人間関係とか男関係とか全部含めて仕事。

 

そっか…。自分自身がどんな状態であっても,準備するための時間を作れないわたしが悪いと思ってました。物理的に無理に決まっていても,「あの時,だらだらネットサーフィンしちゃったから…」「あの時,早く寝ちゃったから…」と…。

 

『もっと自分にはいいものができるはず』という自分自身への期待の現れなのだが,この期待が自分自身をつぶす。自分は『ダメだ,ダメだ,ダメだ』と思い込む。どんなに素晴らしい仕事をしたとしても,不完全燃焼感を覚えてしまう。続けていると常に自己否定があるから自信がつかない。5年前の自分も当時,70点と思っていたわけで,今の自分はその成長した分を受け取っていないことになる。

 

あーーこんなにも自分を責めていたんですね。ショック。

 

続けて,師匠は…

点数付けではなくて,今の自分にとってベストを尽くしたと言い切ることが大事。「今の自分にとってベストを尽くした』と思い込んでほしい。そこの否定をなくすことがカギ。例えばプロのアスリートもケガを抱えていて,万全の状態で試合に臨めることはない。そのなかで,ベストを尽くして結果を出していくのがプロフェッショナル。

 

なるほど。例えば,自分へのダメだし,自己否定をしているアーティストって…きっと売れ続けることはできないのかも。

 

すると,100点満点よりも『ベストを尽くす』方が価値があると解釈できるようになるのでここから飛躍できる。ここで,『ベストを尽くした』と認めれるようになったときに…『120点ってなんだろう?』『もっと上のレベルってどんなんだろう?』とエネルギーを向けるようになる。否定からの出発ではなく,肯定から出発という話になる。

 

えっ?100点より先があるのか??『ベストを尽くした自分』を認めていった先に,見たことのない世界があるのかも??そう思うと…

 

見たぁぁーーーーーい!!!

 

それは,ぜびとも見てみたい。

 

わたしサニーは,精一杯取り組み,その結果『今日もベストを尽くした』と思うようにします。そして,その先に見える,肯定から見た未来を…

 

見る!!見てやるぅぅ~~~♪♪♪

単純…いや,素直と思おう。

 

よい一日を。サニーでした。

できない自分を責めている犯人は…「えっ?」自分自身だった。〜3日目デモセッションの衝撃〜 1/2

できない自分を責めている犯人は…「えっ?」自分自身だった。〜3日目デモセッションの衝撃〜 1/2

 

カウンセラー(仮)のサニーです。今日は、カウンセラーの根本師匠のデモセッションを

見ました。あっという間に、私のかかえる問題へズキュンとささり始めたのでした。

 

こんなにも…ちゃーちゃーする元気な男子中学生がかわいいのに。こんなにも…シレーっとしている中学生女子の心を掴むのが大好きなのに…「こんな先生いたら最高やん!」と言ってもらえたのに…「先生辞めるのもったいない!適職なのに!」って…

 

私は授業をするのが苦手だった。「明日は,体育祭の練習で授業なし!」と言われると『よっしゃー!』と思ったのは,生徒より私の方だった。徹夜をして準備しても70点の授業。ちょっとしか準備時間がなかった日は,20点?いや0点だった。『えっ?次,授業??準備してない!』と焦る夢を何度見たことか…

 

授業が嫌いだなんて,先生に向いてない。

 

全身全霊をそそいでも70点。結婚を機に教員を退職した日には,晴れやかな気持ちだった。もう,悪夢に襲われることはない。今度働くときは,私に合った天職を探せばいい。

 

数年後…

 

結局,私はこの仕事に戻ってきていた。母になり,ますます中学生がかわいく見えた。『よ~やってるわ~』と机についているだけでも感心した。大人と子どもの境目にいる彼らとの会話は、なんとも楽しい♪

 

が,しかし。

 

授業に向かう不安が襲ってきた。家のこと子どものことをしながらの準備時間は,100点満点を取れるほどの時間は到底あるわけもなく,焦りイライラを子どもにぶつけてしまう…。はぁ…なんとひどい母なのか。

 

やっぱり向いていない。カウンセラーになってセミナー講師もおもしろそうと思うが…人の前で話すは向いてないわ。

 

すると、師匠の言葉がささり始める。

 

「70点って向上心の証ですよね。」

「向上心があって、仕事への情熱があって…」

 

うんうん。そうそう、私は、自分の時間を削って、精一杯準備に時間をかけている!!

 

そして、師匠。

「かつ、ここがポイントなんですよね〜」

 

「完璧主義」

 

ガァーーーん。私、完璧を目指してたんだ…なんか、ショック。えーーー!なんか、めちゃショック。チーン。

 

つづく。

今日は気付きでおしまい。中途半端な私を許す(泣)サニーでした。

 

 

 

 

 

自分をほめて、許せば、楽になる♫ 〜動きが軽くなりました〜

自分をほめてみて、許してみて、自分に優しくしてみたら、動きが軽くなりました。

 

ラジオから流れる福山雅治の曲にキュンです。カウンセラー(仮)のサニーです。

 

このところ、やらないと→でも、やりたくないなぁーとダラダラしていた、役員の仕事が進み始めました。重ぉぉーーい腰を上げて、一歩。会への入会確認へ1人訪ねて…1人行けたなら、もう1人行ってみて…

 

さっさとやれば、もっと早くやれば…何で私はいつも動きが遅いんだろう??と、責めるのをやめて、褒める方向で考えてみました。

 

おっ!やればできるじゃない!ちゃんと動けたし、いい人だったし、相手の不安も多少取り除けたっぽいし…よくやったよ私。

 

「名簿まだですか?」と急かされて…はぁ、私がダラダラしてたから、できてないだよね…何で私はいつもやることが遅いんだろう??と、責めるのをやめて、褒める方向で…どうぞ⤵︎⤵︎

 

まぁ、まだ間に合うさ!期限があるわけではないし。上に立つ私が、完璧でない方が、他の人たちもやりやすいんじゃない?ゆる〜い感じで、まぁぼちぼちぐらいの方が、みんな楽に感じてくれるよー。

 

できてない、完璧でない自分へのダメ出しばかり。そんな自分が嫌になり、余計に重く重くなっていた。

 

私の心は、本当は興味を感じられず動く気はなかったのだと思う。でも、えいっと一歩だけ踏み出して、そんな自分を褒めて、私の心に優しくふれて…すると、心が動き出したのかもしれない。さっと名簿を作っちゃおう!と思えて、福山雅治のラブソングにキュンキュンして…

 

自分に優しくしたら、心が軽くなりました。動きも軽くなりました。

 

また、明日もぼちぼちやろぉーっと。サニーでした。

「あとまわし」してしまうことも「心」が関係しているようだ

「あとまわし」にしてしまうことも「心」が関係しているようです。

 

心のクセを研究中、カウンセラー(仮)のサニーです。

 

やるべきことを後回しにしてしまって、「あーやばい!」とこまで追い込まれて…追い込まれ過ぎて、一歩がまた遠のいて…

 

なんてダメな私なんだ!!

 

と、せめてしまう…

 

でも、この心のクセには、心理学的に読み解ける何かがあるらしい…

 

だから、自分をせめるのをやめよう!まぁーしょうがない。大丈夫、どうにかなる。などと言い聞かせて…

 

とにかく、えいっと重い一歩を踏み出してみた。そしたら、スルスルっと進んでいった。

 

そしてもう一つは、軽いうちにやってしまう。(=提出期限が分かった時点でやってしまう)例えば、新年度、学校への提出書類。子どもが持って帰って来たその場で書き始める。一歩が軽かった。

 

重くても軽くても、その一歩を踏み出せた自分をほめることにします。

 

今日もよくやった!サニーでした。

ピスタチオのクリームが入ったシュークリーム。

ピスタチオのクリームが入ったシュークリーム。緑色のクリーム。ぷつぷつのピスタチオ入り。

 

カウンセラー(仮)のサニーです。

 

変わったシュークリーム。コーヒーのお供に。

ぷつぷつの食感もなかなかおもしろい!美味しくいただきました。コーヒーは、水が多かったのかな?もっと、濃ぃ〜のがよかったなぁ。

 

今日もよくがんばったぞ、サニー。と、自分をほめて…寝ます。

とんかつと千切りキャベツが、やっぱり合いますね!

とんかつと千切りキャベツが、合う!私はとんかつではなく、アジフライでしたが…

 

肉肉しくない女、カウンセラー(仮)のサニーです。

 

今日も1日、あっちへ〜こっちへ〜よく頑張りました。だから、もう寝ます。色々…疲れました。

 

サックサクのアジのフライとたっぷりの千切りキャベツ。なんでこんなに合うんだろう。お箸で、アジとキャベツをはさんでーー、パクっ。もっかいキャベツを取って口の中へ…

 

あー美味しかった。

 

今日もよくやった!と自分をほめて寝ます。

明日は、シュークリーム食べよ!サニーでした。